17.10 - GetTimeZoneDisplacement構文 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLの日付/時刻関数と式

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1211-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
GetTimeZoneDisplacement ( time_zone_string )

構文要素

time_zone_string

VARBYTEデータ型を使用して指定した、有効なタイムゾーン文字列。Teradataでサポートされるタイムゾーン文字列のリストは、AT LOCALおよびAT TIME ZONEタイムゾーン指定子を参照してください。

time_zone_stringが有効でない、あるいはサポートされていない場合、GetTimeZoneDisplacementは先頭バイトに値1を返して、タイムゾーン文字列が存在しないことを示します。