17.10 - ANSI間隔式構文 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLの日付/時刻関数と式

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1211-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
{ interval_term |
  interval_expression {+|-} interval_term |
  ( date_time_expression [-] date_time_term ) start [ TO end ]
}
interval_term
{ {+|-} interval_primary |
  interval_term {*|/} numeric_factor |
  numeric_term * interval_factor
}
start
{ YEAR | MONTH | DAY | HOUR | MINUTE | SECOND }
  [ ( precision [, fractional_seconds_precision ] ) ]
end
{ MONTH | HOUR | MINUTE | SECOND } ( fractional_seconds_precision )

構文要素

interval_term
以下のうちの1つ。
  • 単一のinterval_factor
  • interval_termnumeric_factorによって乗算または除算したもの
  • numeric_terminterval_factorの積
interval_expression
以下のうちの1つです。
  • 単一のinterval_term
  • interval_termに対して加算または減算されたinterval_expression
  • start TO end句に先行するdate_time_expressiondate_time_term (括弧で囲まれる)の差。
date_time_expression

結果がDATE、TIME、またはTIMESTAMP値になる式。

式の形式は以下のうちの1つになります。
  • 単一のdate_time_term
  • interval_expressiondate_time_term式の合計。
  • date_time_expressioninterval_termの合計または差。
start
日付または時間間隔の開始を定義します。
MONTHまたはSECONDを指定する場合は、TO endを省略する必要があります。
end
[オプション]日付または時間間隔の終了を定義します。
endの値は、start.の値よりも下位でなければなりません。
startがYEARの値の場合、endはMONTHの値でなければなりません。
interval_primary
以下の要素のうちの1つ。どれも適切なINTERVAL型でなければなりません。
  • 列参照
  • 間隔定数値

    間隔定数の詳細は、Teradata Vantage™ - データ タイプおよびリテラル、B035-1143を参照してください。

  • スカラー関数参照
  • 集約関数参照
  • (table_expression)
  • スカラー サブクエリー: (interval_expression)
numeric_factor
符号付きのnumeric_primary
numeric_term
numeric_factorまたはnumeric_termnumeric_factorによって乗算または除算したもの。
interval_factor
符号付きのinterval_primary
precision
[オプション]許可される桁の範囲を[0, 4]の範囲で指定します。
デフォルト: 2
fractional_seconds_precision
[オプション]SECONDの値の小数精度を[0, 6]の範囲で指定します。
デフォルト: 6
numeric_primary
以下の要素のうちの1つ。どれも適切な数値型でなければなりません。
  • 列参照
  • 数値定数値
  • スカラー関数参照
  • 集約関数参照
  • (table_expression)
  • スカラー サブクエリー: (numeric_expression)