17.10 - ビジネス カレンダについて - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLの日付/時刻関数と式

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1211-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

ビジネス カレンダでは、営業日と休業日を定義します。営業日または休業日にする日の意味はユーザーが決定します。例えば、営業日を就業日にすることも、休業日を非就業日、週末、祝祭日または長期休業日にすることもできます。システム定義のカレンダに対して、さまざまな週のパターン(平日や週末)と、例外(祝祭日や開休業日)を定義することができます。

セッションに設定できるTeradataシステム定義のビジネス カレンダは3つあります。
  • Teradata
  • ISO
  • COMPATIBLE

これら3つのカレンダは、グレゴリオ暦に基づいています。グレゴリオ暦には、365日の通常年と、366日のうるう年があります。これらのカレンダは、週の定義の方法や、部分的な週を認めるかどうかが異なります。マクロを使用することで、平日/週末のパターンと、そのパターンに対する例外を指定できます。

これらのカレンダは、1900年1月1日から2100年12月31日までをサポートします。 デフォルトのセッション カレンダは、Teradataです。 各カレンダは、すべて日のが営業日になるようにデフォルト設定されています。 このパターンは、マクロを使用することで変更できます。 ビジネス カレンダのマクロについてを参照してください。