17.10 - 結果の種類 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLの日付/時刻関数と式

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1211-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

EXTRACTは、ANSI SQL:2011日時値の正確な数値を戻します。

引数のデータ型がTIMEまたはTIMESTAMPの場合、EXTRACTは、適切なタイムゾーンに調整された値を返します。

引数にタイムゾーンが指定されない場合は、現在のセッションのタイムゾーンに基づくタイムゾーン変位が使用されます。それ以外の場合は、引数の明示的なタイムゾーンが使用されます。AT句を使用すると、タイムゾーンに引数を、明示的に指定できます。詳細については、ANSIの日時式を参照してください。

SECONDを抽出する場合、valueに含まれる秒の小数点以下桁数がゼロであると、結果はINTEGERになります。valueに含まれる秒の小数点以下桁数がゼロよりも大きいと、結果はDECIMALになり、その位取りはデータ記述のSECONDフィールドでの指定に従います。

それ以外のものを抽出した場合、結果は精度が32ビットのINTEGERになります。

抽出の対象 結果
SECOND valueに含まれる秒の小数点以下桁数:
  • ゼロである場合、結果はINTEGERになります。
  • ゼロよりも大きい場合、結果はDECIMALになり、その位取りはデータ記述のSECONDフィールドでの指定に従います。
その他 結果は、精度が32ビットのINTEGER。

valueがNULLの場合、結果はNULLになります。