17.10 - 例: OFFおよびON例外の定義 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLの日付/時刻関数と式

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1211-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

この例では、Teradataビジネス カレンダにOFFとONの例外を定義し、それらの情報をDBC.BusinessCalendarExceptionテーブルに追加しています。OFFステータスの日は休業日です。ONステータスの日は営業日です。

EXEC DBC.CreateException
   ('Teradata', ’OFF’, DATE '2008-03-03', 'Holiday');
EXEC DBC.CreateException
  ('Teradata', ’ON’, DATE '2008-06-07', 'Holiday make up day');

例外が2つ、Teradataビジネス カレンダに挿入されます。最初の例外は、2008年3月3日が休業日になったことを示しています(コメントに祝祭日であると注記されています)。2つ目の例外は、2008年6月7日が営業日になったことを示しています(前回の祝祭日を設けるための日であるとコメントに注記されています)。

TeradataカレンダのCalendarPeriodは、1900年1月1日から2100年12月31日までです。CalendarPeriod境界を超えた祝日を挿入しようとすると、挿入がアボートします。