16.50 - Teradata Viewpointサーバーのアップグレード - Teradata Viewpoint

Teradata® Viewpoint インストール、構成、およびアップグレード ガイドユーザー用

prodname
Teradata Viewpoint
vrm_release
16.20
16.50
created_date
2020年1月
category
インストール
構成
管理
featnum
B035-2207-107K-JPN
バック ダウン手順が必要な場合は、以前のデータベース バックアップの確認を参照してください。
  1. 次の条件が満たされていることを確認します。
    1. Teradata Viewpointサーバーは実行中です。
    2. 利用可能なViewpoint パッケージとその依存関係のCERTLISTがある。
    3. ターゲットPUTバージョンが利用可能である。
  2. コンソール ウィンドウから、サーバーにSSHで接続します。
  3. パッケージと依存関係をアップロードするディレクトリViewpoint 作成します。
    /var/opt/teradata/customermodepkgsはインストール スクリプトとRPMのデフォルトです。
  4. Viewpointパッケージとその依存関係を新しいディレクトリにアップロードします。
  5. 必要に応じて、PUTをインストールします。
    1. TSSからPUTを取得します。
    2. rpm-ivhまたはrpm-Uvhコマンド(-U:upgrade)を使用して、PUTをインストールします。
  6. Viewpointサーバー ルート認証情報(http://ViewpointServerAddress:8443)を使用して、PUTにログオンします。
    PUT画面が表示されます。
    クイックルックIDを入力しないでください。
  7. インストール/アップグレード(Install / upgrade)を選択し、Enterをクリックします。
  8. PUTが顧客モードの確認で実行中ですが表示されたら、Next(次へ)をクリックします。
  9. パッケージの選択と場所(/var/opt/teradata/customermodepkgs)を確認します。
  10. 完了をクリックします。
  11. パッケージが問題なくインストールされ、TDPUTにより一時ファイルがすべて削除されていることを確認します。
  12. ViewpointサーバーにSSHで接続し、Viewpointサービスが正常に開始されたことを確認します。
  13. Viewpointログを追跡します:
    tail –f /opt/teradata/viewpoint/portal/logs/viewpoint.log
  14. AdminのユーザーIDを使用して、Viewpointポータルにログインします。
  15. 各管理ポートレットが正常にロードおよび表示され、エラーがないことを確認します。
  16. コンテンツの追加ページをロードします。
  17. インストール済みのポートレットがリストされていることを確認します。
  18. インストール済みのポートレットが正常にロードおよび表示され、エラーがないことを確認します。