16.50 - LinuxでTeradata通知サービス向けにTLSを構成する - Teradata Viewpoint

Teradata® Viewpoint インストール、構成、およびアップグレード ガイドユーザー用

prodname
Teradata Viewpoint
vrm_release
16.20
16.50
created_date
2020年1月
category
インストール
構成
管理
featnum
B035-2207-107K-JPN
Teradata通知サービスがLinuxシステム上にある場合は、ViewpointとTeradata通知サービスをバージョン16.20.23.02以降にインストールまたはアップグレードした後に、以下の手順を実行します。
Java実行環境8が必要です。
  1. 以下のコマンドを使用して、/etc/opt/teradata/viewpointディレクトリと/etc/opt/teradata/postgresディレクトリを作成します。
    mkdir -p /etc/opt/teradata/viewpoint
    mkdir -p /etc/opt/teradata/postgres
  2. バージョンによって、以下のいずれかを実行します。
    バージョン アクション
    16.20.23.02 Viewpointサーバーから、/etc/opt/teradata/viewpoint/tdactivemq.crtをTeradata通知サービス サーバーの/etc/opt/teradata/viewpointディレクトリにコピーします。
    16.20.23.03 Viewpointサーバーから、/etc/opt/teradata/viewpoint/tdactivemq.crtをTeradata通知サービス サーバーの/etc/opt/teradata/viewpointディレクトリにコピーします。
    16.20.23.04以降 Viewpointサーバーから、/etc/opt/teradata/tdactivemq/tdactivemq.crtをTeradata通知サービス サーバーの/etc/opt/teradata/viewpointディレクトリにコピーします。
  3. Viewpointサーバーから、/etc/opt/teradata/postgres/postgres.crtをTeradata通知サービス サーバーの/etc/opt/teradata/postgresディレクトリにコピーします。
  4. Teradata通知サービス サーバーで以下のコマンドを使用して、ActiveMQ証明書をtruststoreにインポートします。
    $JAVA_HOME/bin/keytool -import -alias broker -keystore
    /etc/opt/teradata/viewpoint/certs -file
    /etc/opt/teradata/viewpoint/tdactivemq.crt -storepass viewpoint -noprompt
  5. Teradata通知サービス サーバーで以下のコマンドを使用して、Postgres証明書をtruststoreにインポートします。
    $JAVA_HOME/bin/keytool -import -alias postgres -keystore
    /etc/opt/teradata/viewpoint/certs -file
    /etc/opt/teradata/postgres/postgres.crt -storepass viewpoint -noprompt
  6. 以下のコマンドを使用して、truststore権限を更新します。
    chmod 0775 /etc/opt/teradata/viewpoint
    chmod 0644 /etc/opt/teradata/viewpoint/certs
  7. [Viewpoint 16.20.23.08以降] Viewpointサーバーから、db.password.key値とcam.db.password値を/etc/opt/teradata/viewpoint/db.propertiesからTeradata通知サービス サーバーの/etc/opt/teradata/cam/cam.propertiesファイルにコピーします。
  8. /etc/init.d/tdnotification restartコマンドを使用して、Teradata通知サービスを再起動します。