16.50 - 統計マネージャの構成 - Teradata Viewpoint

Teradata® Viewpoint インストール、構成、およびアップグレード ガイドユーザー用

prodname
Teradata Viewpoint
vrm_release
16.20
16.50
created_date
2020年1月
category
インストール
構成
管理
featnum
B035-2207-107K-JPN
前提条件統計マネージャのデータ コレクタを構成する前に、データベースのバージョン情報が収集されていることを確認する必要があります。データベースのバージョン情報が収集されるまで、統計マネージャのデータ コレクタはコレクタのリストに表示されません。
統計マネージャのデータ コレクタは、統計マネージャ ポートレットの統計データを収集するよう有効化できます。

統計マネージャ ポートレットおよびデータ コレクタはTeradata Database 14.10以降を実行するシステムで使用可能です。

  1. TDStats DIPスクリプトを実行します。これによりTDStatsデータベースが作成され、設定されます。
  2. Viewpointポータル ページで、""を選択します。
  3. 監視対象システム ポートレットを開きます。
  4. システム リストで、更新するシステムの名前をクリックします。
  5. セットアップ リストから、データ コレクタをクリックします。
  6. 統計マネージャのデータ コレクタをクリックします。
  7. ログイン名とパスワードを入力します。
    システムに対してすでに構成済みの他のログインから、ログイン名は一意である必要があります。これにより、統計収集と分析のオーバーヘッドが、他のTeradata Viewpointモニタリング オーバーヘッドから別個に測定されるようにします。
    アカウント文字列の指定、認証メカニズムの選択を行なうオプションもあります。
  8. (オプション)ログイン設定が正しいかどうかを確認するには、テストをクリックします。
    操作が成功すると、""が表示されます。操作が失敗した場合、""が表示されます。 エラーを受け取った場合は、ログイン信頼証明が有効で、ホストが接続可能であることを確認します。
  9. (オプション)付与をクリックすると、Viewpointデータ コレクタでTeradataシステムのリソースへのアクセスが可能になります。
  10. 適用をクリックします。
    操作が成功すると、""が表示されます。操作が失敗した場合、""が表示されます。 エラーが表示された場合は、設定が正しいことを確認し、もう一度実行してください。