16.50 - LDAP構成オプション - Teradata Viewpoint

Teradata® Viewpoint インストール、構成、およびアップグレード ガイドユーザー用

prodname
Teradata Viewpoint
vrm_release
16.20
16.50
created_date
2020年1月
category
インストール
構成
管理
featnum
B035-2207-107K-JPN

Teradata Viewpointの認証は、LDAPサーバー ポートレットで構成します。

基本構成

属性 説明
サーバーのニックネーム このLDAP構成がLDAPサーバー ポートレットで参照される短い名前。この名前は8文字以内にする必要があります。
サーバーを有効にする オンにすると、このLDAP構成は、Teradata Viewpoint認証プロセスの一環として有効になります。

オフにすると、Teradata Viewpoint認証プロセスの一部としてこのLDAP構成を無効にします。

URL このLDAP構成の1つ以上のURL。URLには、適切なプロトコル(ldap://またはldaps://)やポート(ldap://ldap.acme.com:389など)を含める必要があります。すべてのURLが、同様に構成されたLDAPサーバーを参照する場合にのみ、複数のURLを入力します。プライマリ サーバーにアクセスできないときに使用できるように、DLAPサーバーまたはフェイルオーバーLDAPサーバーを複製する場合がそのようなケースに該当します。

DNパターンのバインド

属性 説明
パターン LDAPユーザー バインドの実行に使用されるDNパターン。パターンは指定の順序で起動するので、少数のユーザーに一致するパターンの前に、最も多くのユーザーに一致するパターンを配置することを推奨します。例:

CN={0},OU=User Accounts,DC=td,DC=acme,DC=com

ユーザー検索

属性 説明
サービス アカウントDN LDAPサービス アカウントのDNです。DNはかっこで囲まないでください。
サービス アカウント パスワード LDAPサービス アカウントのパスワードです。
検索パターン ユーザー エントリを検索するときに、ユーザー名に対して照合するLDAP属性

CN属性がユーザー名である場合は、(CN={0})に設定します。

sAMAccountName属性がユーザー名である場合は、(sAMAccountName={0})に設定します。

検索ベース ユーザーを含むサブツリーのベースになっているエントリ。指定しない場合、検索ベースは上位コンテキストになります。例:

OU=User Accounts,DC=td,DC=acme,DC=com

検索範囲 再帰スキャン チェック ボックスをオンにすると、検索ベース エントリをルートとするサブツリー全体が検索されます。オフにすると、上位のみを含む単一レベルの検索がリクエストされます。

主要なユーザー情報

属性 説明
LDAPの名属性 ユーザーのファースト ネーム(名)を指定するLDAPユーザー エントリの属性名。
LDAPの姓属性 ユーザーのラスト ネーム(姓)を指定するLDAPユーザー エントリの属性名。
LDAP Eメール属性 ユーザーのEメール アドレスを指定するユーザー オブジェクトの属性名。

Auto-Provisioning

属性 説明
自動プロビジョニングをオンにする 自動プロビジョニングの有効化を選択します。
これらのロールを自動的に割り当てる 自動プロビジョニングを有効にすると、新しくプロビジョニングされたユーザーは、これらのロールに自動的に追加されます。この属性はほとんどの場合、ユーザーに設定されます。

ロール マッピングのグローバル設定

属性 説明
グループ検索ベース グループを含むサブツリーのベースであるエントリ。このフィールドは、グループタイプのロール マッピングが使用されている場合にのみ、指定する必要があります。
グループ属性名 グループ内のユーザーのDNを含むLDAPグループ エントリの属性名。
グループの検索範囲 サブツリーを検索しますチェック ボックスをオンにすると、グループ検索ベース エントリをルートとするサブツリー全体が検索されます。

オフにすると、上位のみを含む単一レベルの検索がリクエストされます。このフィールドは、グループ タイプのロール マッピングが使用される場合にのみ、指定する必要があります。

ロール マッピングの個別設定

属性 説明
タイプ 属性に設定すると、LDAPユーザーのエントリ値からTeradata Viewpointロールへのマッピングが実行されます。

グループに設定すると、LDAPグループからTeradata Viewpointロールへのマッピングが実行されます。

属性名 ユーザーのエントリ内のLDAP属性の名前で、Teradata ViewpointロールへのマッピングのためにLDAPグループとロール メンバーシップを指定します。この設定は、属性タイプのマッピングにのみ適用されます。
LDAP値 属性名フィールドで指定された属性の値で、Viewpointロール フィールドで指定されたロールにマッピングされます。
Viewpointロール Teradata Viewpointでユーザーが割り当てられている役割です。