16.50 - Teradata通知サービスのクラスタ構成 - Teradata Viewpoint

Teradata® Viewpoint インストール、構成、およびアップグレード ガイドユーザー用

prodname
Teradata Viewpoint
vrm_release
16.20
16.50
created_date
2020年1月
category
インストール
構成
管理
featnum
B035-2207-107K-JPN

WindowsでBTEQアラート アクションおよびプログラムの実行アラート アクションを使用するには、WindowsサーバーにTeradata通知サービスをインストールする必要があります。1つのTeradata Alertsクラスタ内で実行できるWindowsのTeradata通知サービスは1つだけです。

LinuxでBTEQアラート アクションおよびプログラムの実行アラート アクションを使用するには、LinuxサーバーにTeradata通知サービスをインストールする必要があります。1つのTeradata Alertsクラスタ内で実行できるLinuxのTeradata通知サービスは1つだけです。

Teradata通知サービスは、Viewpointサーバー上のアクティブなキャッシュ データベースに接続します。アクティブなキャッシュ データベースが昇格すると、サービスは自動的に新しいアクティブ データベースに接続します。

Teradata通知サービスは、Viewpointサーバー上のメッセージング サービスに接続します。Teradata Alertsメッセージング サービスに障害が発生すると、Teradata通知サービスは自動的に2番目のメッセージング サービスに再接続します。メッセージング サービスが復元されると、Teradata通知サービスは元のメッセージング サービスに再接続します。

以下のセクションでは、クラスタ構成を有効または無効にするために必要な手順について説明します。