16.50 - アップグレードされたクラスタ構成用のActiveMQブローカー ネットワークの構成 - Teradata Viewpoint

Teradata® Viewpoint インストール、構成、およびアップグレード ガイドユーザー用

prodname
Teradata Viewpoint
vrm_release
16.20
16.50
created_date
2020年1月
category
インストール
構成
管理
featnum
B035-2207-107K-JPN
ActiveMQの構成は、バージョン16.20.23.02または16.20.23.03のTeradata Viewpointでのみ可能です。
  1. /etc/opt/teradata/viewpoint/jms.cluster.propertiesファイルでjms.connectionFactory.uriプロパティを更新して、以下のオプションを両方のサーバーで使用します。
    • SSL
    • 61617
    • nested.verifyHostName=false
    jms.connectionFactory.uri=failover\:(ssl\://<active server>\:61617,ssl\://<standby server>\:61617)?randomize\=false&priorityBackup\=true&timeout\=5000&maxReconnectAttempts\=5&maxReconnectDelay\=10000&nested.verifyHostName\=false
  2. /etc/opt/teradata/viewpointから、tdactivemq.crtをアクティブ サーバーからスタンバイ サーバーの/etc/opt/teradata/viewpoint/active-tdactivemq.crtにコピーします。
  3. /etc/opt/teradata/viewpointから、tdactivemq.p12をアクティブ サーバーからスタンバイ サーバーの/etc/opt/teradata/viewpoint/active-tdactivemq.p12にコピーします。
  4. 以下のコマンドを使用して、アクティブ サーバーからスタンバイ サーバーのブローカー キーストアに証明書をインポートします。
    /opt/teradata/openjdk/jdk8/bin/keytool -importkeystore -deststorepass password -destkeypass password -destkeystore /etc/opt/teradata/viewpoint/broker.ks -destalias activebroker -srckeystore /etc/opt/teradata/viewpoint/active-tdactivemq.p12 -srcstoretype PKCS12 -srcstorepass password -srcalias broker
  5. 以下のコマンドを使用して、アクティブ サーバーからスタンバイ サーバーのクライアントのtruststoreに証明書をインポートします。
    /opt/teradata/openjdk/jdk8/bin/keytool -import -noprompt -alias activebroker -keystore /etc/opt/teradata/viewpoint/certs -storepass viewpoint -file /etc/opt/teradata/viewpoint/active-tdactivemq.crt
  6. /opt/teradata/viewpoint/dcs/bin/vp-control.shオプションを使用して、両方のサーバーのサービスを再起動します。