16.50 - 統計の分析 - Teradata Viewpoint

Teradata® Viewpoint インストール、構成、およびアップグレード ガイドユーザー用

prodname
Teradata Viewpoint
vrm_release
16.20
16.50
created_date
2021年4月
category
インストール
構成
管理
featnum
B035-2207-107K-JPN
分析ジョブの一部のオプションでは、Teradata Databaseクエリー ロギング(DBQL)機能が有効になっている必要があります。使用を計画している分析ジョブのオプションに対しては、ジョブを実行する前に、priorに、関連付けられているデータベース機能を有効にする必要があります。
  1. 選択する統計の評価方法に応じて、以下の手順のいずれかを選択します。
    メソッド プロシージャ
    統計の使用量と陳腐度を評価し、欠落している収集対象の統計を検索

    AND

    DBQLの使用

    分析するオブジェクトのSTATSUSAGEオプションを使用して、クエリー ロギングを有効にします。XMLPLANはオプションです。
    クエリー ロギング機能は、分析ジョブを実行する前に1つ以上の測定基準が必要です。1週間前に有効にしておく必要があります。詳細については、<Teradata® Viewpointユーザー ガイド>の「分析ジョブのためのTeradata Databaseの前提条件」セクションを参照してください。
    統計を評価し、収集すべきか無効化すべきかを判断 分析するオブジェクトのUSECOUNTオプションを使用して、クエリー ロギングを有効にします。
    クエリー ロギング機能は、分析ジョブを実行する前に、priorに、次の期間、非アクティブであった場合、統計の無効化を推奨するオプションで指定されている期間と同じ期間有効にしておく必要があります。