16.50 - Teradata Viewpointの新しいサーバーへの移行 - Teradata Viewpoint

Teradata® Viewpoint インストール、構成、およびアップグレード ガイドユーザー用

prodname
Teradata Viewpoint
vrm_release
16.20
16.50
created_date
2020年1月
category
インストール
構成
管理
featnum
B035-2207-107K-JPN
前提条件新しいサーバー上のTeradata Viewpointソフトウェアのバージョンは、現在のViewpointサーバー上のバージョンと同等である必要があります。ローカル バックアップが現在のサーバーで使用できる必要があります。
  1. ソース サーバーのバックアップを作成します。
    <Viewpointのバックアップのスケジューリング>で「今すぐバックアップ」を参照してください。
  2. ソース サーバーにカスタム証明書がある場合は、ターゲット サーバーにその証明書をインストールします。
    証明書をインストールする場合は、証明書ポートレットを参照してください。
  3. ソース サーバーのいずれかの構成ファイルが変更されている場合は、ターゲット サーバーでも変更します。
    オプションのファイルは、/opt/teradata/viewpoint/pg94-packagesからのpg_hba.conf/opt/teradata/tdactivemq/apache-activemqからのactivemq.xml、および/etc/opt/teradata/viewpoint/viewpoint.propertiesです。
  4. 履歴データを移行するには、ソース サーバーの/data/backupからすべてのファイルをターゲット サーバーの同じ場所にコピーします。
  5. ターゲット サーバーで、/opt/teradata/viewpoint/bin/restore.sh scriptスクリプトを実行してMigrate from another server(別のサーバーから移行する)オプションを選択します。
  6. スクリプトが正常に完了したことを確認します。
    次のメッセージを探します: 正常に実行された復元または移行。履歴データも復元または移行されている場合、この操作の進行状況をポータルの通知バーに表示できます。
    復元プロセスが失敗した場合は、エラー メッセージが表示されます。
  7. 移行プロセスが失敗するか、中断した場合は、Teradataのサポートに連絡してください。