16.50 - LDAPサーバーの追加 - Teradata Viewpoint

Teradata® Viewpoint インストール、構成、およびアップグレード ガイドユーザー用

prodname
Teradata Viewpoint
vrm_release
16.20
16.50
created_date
2020年1月
category
インストール
構成
管理
featnum
B035-2207-107K-JPN
JWTのVantageとの統合が有効になっている場合は(バージョン16.20.24.00以降)、LDAPサーバーを追加できません。
  1. Viewpointポータル ページで、""を選択します。
  2. LDAPサーバー ポートレットを開きます。
  3. サーバーの横の""をクリックします。
  4. LDAPサーバーのニックネームを入力します(最大8文字)。
  5. (オプション)サーバーを有効にするチェック ボックスをオンにすると、LDAPサーバーがTeradata Viewpointに正常に追加されたときにLDAPがアクティブになります。
  6. LDAPサーバーのURLアドレスを少なくとも1つ入力します。
  7. (オプション)""""""""を使用すると、URLの削除、追加、および複数のURLの順序の変更を行なうことができます。
    URLの順序により、認証のためにLDAPサーバーにアクセスする順序が決まります。
  8. 名前解決で、次のオプションから方法を選択します。
    • DNパターンのバインドを選択し、LDAPディレクトリで識別名(DN)を表わす1つ以上のパターンを指定します。

      例: CN={0},OU=User Accounts,DC=td,DC=acme,DC=com。ここで、{0}は、ユーザーがTeradata Viewpointにログインする際に入力するユーザー名で置き換えられます。

    • ユーザー検索を選択します。
  9. ユーザー検索を選択した場合は、検索オプションを構成します。
    1. (オプション)特定のアカウントを使用して検索するには、有効なサービス アカウントDNとパスワードを入力します。
      これらのフィールドが空の場合、Viewpointポータルは匿名でLDAPサーバーに接続します。
    2. 検索パターンを入力します。
      例: CN={0}。ここで、{0}は、ユーザーがTeradata Viewpointにログインする際に入力するユーザー名で置き換えられます。
    3. 検索ベースを入力し、検索パターンの基本ディレクトリを指定します。
      例: OU=User Accounts,DC=td,DC=acme,DC=com
    4. (オプション)検索範囲に対しては、再帰スキャン チェック ボックスをオンにすると、検索のベース ディレクトリのサブディレクトリを含めることができます。
      このチェック ボックスがオフの場合、検索は指定された基本ディレクトリに制限されます。
  10. 主要なユーザー情報で、ユーザー属性のLDAP属性名を入力します。
    属性 ユーザー属性名の例
    LDAPの名属性 givenName
    LDAPの姓属性 surname
    LDAP Eメール属性 mail
  11. (オプション)設定テストで、設定が正しいかどうかをテストできます。
    1. ユーザー名とパスワードを入力します。
    2. テストをクリックします。
    操作が成功すると、""が表示されます。操作が失敗した場合、""が表示されます。

    テストが成功すると、完全なDNとユーザーの主要なユーザー情報を受け取り、テストが失敗すると、LDAPサーバーからエラー メッセージが返されます。

  12. 適用をクリックします。
    詳細オプションを使用する場合、LDAPサーバー ビューは開いておきます。