16.50 - BTEQスクリプトおよびプログラム実行ファイルの設定 - Teradata Viewpoint

Teradata® Viewpoint インストール、構成、およびアップグレード ガイドユーザー用

prodname
Teradata Viewpoint
vrm_release
16.20
16.50
created_date
2020年1月
category
インストール
構成
管理
featnum
B035-2207-107K-JPN
Teradata Notification Serviceは、BTEQおよびRun Programアラート アクションを実行します。BTEQスクリプトとプログラム実行可能ファイルは、指定されたフォルダに配置する必要があります。

BTEQスクリプトおよびプログラムを保存したディレクトリは、サービスの実行中にTeradata通知サービスによって定期的にスキャンされます。ディレクトリの変更が検出されると、更新されたディレクトリの内容がアラート サービスに中継され、Viewpointサーバー上のTeradata Alertsリポジトリが更新されます。Viewpointサーバーで更新を表示するには、Viewpointサーバーでアラート サービスが実行されている必要があります。

  1. BTEQスクリプトは、インストール場所に対する次の相対フォルダに保存します。
    InstallFolder\Teradata\Client\16.20\Teradata Notification Service\sql
  2. 実行するプログラムは、インストール場所に対する次の相対フォルダに保存します。
    InstallFolder\Teradata\Client\16.20\Teradata Notification Service\usrcmd