16.50 - 以前のバージョンのTeradata Alertsへのダウングレード - Teradata Viewpoint

Teradata® Viewpoint インストール、構成、およびアップグレード ガイドユーザー用

prodname
Teradata Viewpoint
vrm_release
16.20
16.50
created_date
2020年1月
category
インストール
構成
管理
featnum
B035-2207-107K-JPN
Teradata Alertsのアップグレードが正常に完了しない場合、下記の手順で以前にインストールしたバージョンに戻すことができます。xxは、ソフトウェアの特定のバージョンを示していることに注意してください。

この手順は、Teradata Alerts 16.20.00.xxから、16.10.00.xx、16.00.00.xx、15.11.00.xx、15.10.00.xx、15.00.00.xx、または14.10.00.xxに戻すためのものです。

以前のバージョンのTeradata Alertsに戻す場合は、削除するバージョンを必要とするアプリケーションも以前のバージョンに戻ることを確認してください。
  1. Teradata通知サービスをWindowsサーバー上で実行している場合は、このサービスを停止します。
  2. Teradata通知サービスをLinuxサーバー上で実行している場合は、tdnotificationサービスを停止します。
    /etc/init.d/tdnotification stop
  3. Teradata Viewpointサーバーで、すべてのTeradata Alertsサービスを停止します。また、Teradata Viewpointサービスも停止します:
    • /etc/init.d/dcs stop
    • /etc/init.d/tmsmonitor stop
    • /etc/init.d/viewpoint stop
    • /etc/init.d/camalert stop
    • /etc/init.d/tdactivemq stop
  4. 古いバージョンのTeradata Alertsデータベースの最新の正常なバックアップを復元します。
    Teradata Viewpointデータベースの復元を参照してください。
    このプロセスにかかる時間は、データベースのサイズによって異なります。クラスタ環境であれば、プライマリのデータベースサーバーに対してリストアを実行します。
  5. Teradata通知サービスをWindowsサーバー上で実行している場合は、Teradata通知サービスをアンインストールします。
  6. LinuxのTeradata通知サービスをLinuxサーバー上で実行している場合は、tdnotificationパッケージをアンインストールします。
  7. Teradata Alerts RPMを、すべてのTeradata Viewpointサーバーからアンインストールします。
  8. すべてのTeradata Viewpointサーバーに、以前のバージョンのTeradata Alerts RPMを再インストールします。
  9. WindowsサーバーにTeradata通知サービスがインストールされている場合は、以前のバージョンのWindowsのTeradata通知サービスをインストールし、設定します。
    1. プログラムを、現在のバージョンの usrcmdフォルダから、以前のバージョンのusrcmdフォルダへ移動させます。
      現在のusrcmdフォルダは、次の場所にあります:
      installation folder\Teradata\Client\version\Teradata Notification Service\usrcmd
    2. BTEQスクリプトを、現在のバージョンのsqlフォルダから、以前のバージョンのSQLフォルダへ移動させます。
      sqlフォルダは、次の場所にあります:
      installation folder\Teradata\Client\version\Teradata Notification Service\sql
    3. Teradata Notification Serviceの過去のバージョンをWindowsサーバー上で起動します。
  10. LinuxサーバーにLinuxのTeradata通知サービスがインストールされている場合は、以前のバージョンのLinuxのTeradata通知サービスをインストールします。
    1. tdnotificationが既にインストールされている場合、現在のパッケージが最新です。インストールされていない場合、以前のバージョンを手動でインストールしてください。
    2. Linuxサーバーで、以前のバージョンのTeradata通知サービスを起動します:
      /etc/init.d/tdnotification start
  11. すべてのTeradata Viewpointサーバーで、以前のバージョンのTeradata Alertsサービスを起動します。また、Teradata Viewpointサービスも起動します:
    • /etc/init.d/tdactivemq start
    • /etc/init.d/camalert start
    • /etc/init.d/dcs start
    • /etc/init.d/tmsmonitor start
    • /etc/init.d/viewpoint start