16.50 - 昇格後のスタンバイ キャッシュ データベースの再作成 - Teradata Viewpoint

Teradata® Viewpoint インストール、構成、およびアップグレード ガイドユーザー用

prodname
Teradata Viewpoint
vrm_release
16.20
16.50
created_date
2020年1月
category
インストール
構成
管理
featnum
B035-2207-107K-JPN
アクティブなキャッシュ データベースが失敗し、スタンバイ キャッシュ データベースがアクティブに昇格されると、スタンバイとして機能する別のキャッシュ データベースを作成する必要があります。新しいキャッシュ データベースは、失敗したViewpointサーバーか別のサーバーで作成できます。
  1. アクティブ キャッシュ データベースをホストするTeradata Viewpointサーバーにログインします。
  2. クラスタ セットアップ スクリプトを実行し、スタンバイ サーバーの構成オプションを選択して、スタンバイ サーバーでキャッシュ データベースを作成します。
    /opt/teradata/viewpoint/bin/clustersetup.sh
    クラスタ セットアップ スクリプトは、操作のステータスをTeradata Viewpointポータルの通知領域で表示できるという文で終わります。操作が正常に完了したというメッセージが表示されるまで、以降のアクティビティを実行しないでください。
  3. (オプション)新しいキャッシュ データベースをアクティブにするには、以下の操作を行ないます。
    1. 新規作成するキャッシュ データベースをホストするTeradata Viewpointサーバーにログインします。
    2. 次のコマンドを入力し、新規作成したキャッシュ データベースをアクティブに昇格します。
      /opt/teradata/viewpoint/bin/promote.sh
    3. 手順1と2を繰り返し、新しく昇格したサーバーでclustersetup.shを実行します。
    新しいスタンバイ キャッシュ データベースの作成中、Teradata Viewpointサービスは実行を続行します。