16.20 - 16.50 - ViewpointのSLES12へのアップグレード(オプション) - Teradata Viewpoint

Teradata® Viewpoint インストール、構成、およびアップグレード ガイドユーザー用

prodname
Teradata Viewpoint
vrm_release
16.20
16.50
created_date
2021年4月
category
インストール
構成
管理
featnum
B035-2207-107K-JPN
前提条件Viewpoint 16.50.04.00は、SLES11 SP3を使用してインストールする必要があります。

    オペレーティング システムのアップグレード

  1. 以下をダウンロードします。
    • TDput rpm(03.09.06.26以降)
    • teradata-osmigration rpm
    • SLES12のISOイメージ
  2. Viewpointサーバー上でTDputをアップグレードします。
    rpm -Uvh TDput-03.09.06.26-20203361530sles11.x86_64.rpm
  3. teradata-osmigration rpmをインストールします。
    rpm -ivh teradata-osmigration-11.00.00.15-1.x86_64.rpm
  4. ISOイメージをマウントします。
    mkdir -p /var/opt/teradata/packages/iso

    mount -o loop SLES-12-SP3-TDC-v12.3.0-STND-RC1-DVD.iso /var/opt/teradata/packages/iso

  5. (TMS環境のみ)次のパッケージをダウンロードしてインストールします。
    • mstflint-4.11.0-1.14.g840c9c2.46101.TDC.2.x86_64.rpm
    • teradata-connectx-5-fw-16.26.4012.00-1.x86_64.rpm
  6. SLES12へのアップグレードに必要なすべてのパッケージを以下の場所にダウンロードします。
    mkdir -p /var/opt/teradata/packages/sles12

    必要なパッケージは以下のとおりです。

    • PUTTools__sles_x8664.02.02.00.09-01.tar.gz
    • TDput-03.09.06.26-20203361530sles12.x86_64.rpm
    • bynet-03.07.04.09-1_dkms.x86_64.rpm
    • sm3gnode-14.04.01.00-1.x86_64.rpm
    • teradata-biosutils__sles12_x8664.02.00.00.09-1.tar.gz
    • teradata-diskutils-01.00.00.13-0.x86_64.rpm
    • teradata-gsctools-04.01.01.37-1.noarch.rpm
    • teradata-ntp-4.2.8p8-4.x86_64.rpm
  7. TDputを起動します。
  8. Main(メイン)画面で、Install/Upgrade Software(ソフトウェアのインストール/アップグレード)を選択します。
  9. Media Source(メディア ソース)画面までのすべての画面で、デフォルトのオプションを受け入れます。
  10. Media Source(メディア ソース)画面で、以下を行ないます。
    1. マウントしたISOイメージの場所を指定します。
      /var/opt/teradata/packages/iso
    2. SLES12パッケージの場所を指定します。
      /var/opt/teradata/packages/sles12
  11. Group Nodes(グループ ノード)画面の右側のパネルに表示されるノードに次の設定が行なわれていることを確認します。
    • システム - System0
    • グループ - Group0
    • ノード タイプ - VP
  12. ノード設定を更新する必要がある場合は、次の手順を実行します。
    1. 右側のパネルに表示されたアイテムを選択します。
    2. Modify Group(グループを変更)をクリックします。
    3. 必要な変更を加えます。
    4. Submit Changes(変更を送信)をクリックします。
  13. Select Packages(パッケージの選択)画面で、SLESパッケージの違いをクリックしてNext(次へ)ボタンをアクティブにします。
  14. 後続のすべてのステップでデフォルトのオプションを受け入れます。
  15. Viewpointのアップグレード

  16. OSがSLES12にアップグレードされたことを確認します。
    cat /etc/os-release
  17. 証明書リストから最新のSLES12 ViewpointパッケージでUpgrade the software(ソフトウェアをアップグレード)します。