16.50 - Viewpointのバックアップのスケジューリング - Teradata Viewpoint

Teradata® Viewpoint インストール、構成、およびアップグレード ガイドユーザー用

prodname
Teradata Viewpoint
vrm_release
16.20
16.50
created_date
2020年1月
category
インストール
構成
管理
featnum
B035-2207-107K-JPN
バックアップ ビューから、ステータスが表示されます。 最後のバックアップが成功した場合、日付、時刻、およびサイズ(MB単位)が表示されます。
  1. Viewpointポータル ページで、""を選択します。
  2. バックアップ ポートレットを開きます。
  3. バックアップ ビューで、次のいずれかを選択します。
    オプション 説明
    バックアップを有効化 毎日実行されるバックアップを作成します。(推奨)
    今すぐバックアップ 定義された場所に即時バックアップを作成します。必要な場合にのみ使用してください。
  4. (オプション)毎日のバックアップ時刻リストから、毎日実行されるバックアップの開始時刻を選択します。
  5. バックアップの保持期間リストから、バックアップ データを保持する日数を選択します。
  6. 場所の下で、バックアップ ファイルに対し次のいずれかのオプションを選択します。
    オプション 説明
    ローカル Teradata Viewpointデータベースをローカル サーバーにバックアップします。
    ネットワーク Teradata Viewpointデータベースをネットワーク ファイル サーバーにバックアップして、突発的な障害が発生した場合のデータ損失を防ぎます。
    1. NFSサーバーで、指定したバックアップ パスへの書き込みアクセス権があるPostgresユーザーを作成していない場合は、Teradata System管理者に連絡してください。
    2. ホストを入力して、ホスト システム名を指定します。

      ホストは、ネットワークに接続されたファイル サーバーのIPアドレスまたはDNS名です。

    3. パスを入力して、ホスト システム上のバックアップ保存場所の絶対パス名を指定します。

      例えば、コマンドをLinuxで実行するには: mount <host>:<path>/path/to/local/mount/point

    4. (オプション)ログイン設定が正しいかどうかを確認するには、テストをクリックします。

      操作が成功すると、""が表示されます。操作が失敗した場合、""が表示されます。設定が正しいことを確認しもう一度行なってください。

      ""をクリックし、テストの結果を表示します。
  7. 適用をクリックします。
  8. (オプション)バックアップの状態を更新するには、ステータスの横にある""をクリックします。
    スロバーは進行中のバックアップの状態を示します。
    Teradata Viewpointのバックアップ実行中