16.50 - 依存 - Teradata Viewpoint

Teradata® Viewpoint インストール、構成、およびアップグレード ガイドユーザー用

prodname
Teradata Viewpoint
vrm_release
16.20
16.50
created_date
2020年1月
category
インストール
構成
管理
featnum
B035-2207-107K-JPN

ViewpointポータルでサポートされるWebブラウザ

ブラウザ 最小バージョン
Microsoft Edge 41.16299.967.0
Mozilla Firefox 72.0.1
Internet Explorer 11
Google Chrome 79.0.3945.130
Safari 12.1.1

ViewpointモバイルでサポートされるWebブラウザ

ブラウザ 最小バージョン
Google Chrome for Android 70.0.3538.102
Safari for iOS 9.3.5

サポートされているオペレーティング システム

  • SuSE Linux Enterprise 11 Service Pack 3

推奨されるハードウェア

  • Pentium M(1.8 GHz)、Pentium 4(3 GHz)、またはこれらと同等以上のCPU
  • 4 GB以上のRAM
  • 少なくとも解像度1024 x 768以上のモニターまたはディスプレイ

サポートされているTeradata Viewpointサーバー

モデル番号 説明 Viewpointリポジトリのディスク ドライブ
617 Viewpoint R710アプライアンス(Teradata Managed Server) 4 x 450 GBドライブ(RAID 5)
819 Viewpoint R720アプライアンス(Teradata Managed Server) 6 x 900 GBドライブ(RAID 10)
8-11 Viewpoint R730アプライアンス(Teradata Managed Server) 6 x 1.2 TBドライブ(RAID 10)
9-01 Viewpoint R740アプライアンス(Teradata Managed Server) 6 x 2.4 TB HDDドライブ(RAID 10)
9-02 Viewpoint、Ecosystem Manager、およびData Mover用のTeradata Managed Server 6 x 2.4 TB HDD(RAID 10)
14-V1X-VP-xx-xx Viewpoint(バンドル済み)、Ecosystem Manager、およびData Mover用のTeradata Multipurpose Server 6 x 1.2 TB HDD、10K RPM(RAID 10)

サポートするTeradata Databaseのバージョン

(Viewpoint 16.20.25.00以降)
  • 14.10
  • 15.00
  • 15.10
  • 16.10
  • 16.20
  • 17.00
(Viewpoint 16.50.00.00以降)
  • 16.10
  • 16.20
  • 17.00

Teradata Viewpointで使用されるポート

Teradata ViewpointおよびAlertsで使用されるポートの一覧を次に示します。Teradata Viewpointクラスタリングには追加ポートが必要です。
受信
  • 22 (SSH)
  • 80 (HTTP)
  • 161(SNMPトラップ)
  • 162(SNMPトラップ)
  • 443 (HTTPS)
  • 11111(TDPut)
  • 5432 (キャッシュ データベース)
  • 8888 (Teradata Viewpointサーバーのモニター用のオプション - tmsmonitor)
  • 8992(TDPut)
  • 61616 (Teradata Alerting)
  • 61617(TLS経由のActiveMQ)
発信
  • 22 (SSH): クラスタリングとElastic Performanceアップロード用
  • 80 (HTTP): Teradata Asterシステムのモニター用
  • 161(SNMPトラップ)
  • 162(SNMPトラップ)
  • 389: LDAP認証用オプション
  • 636: LDAPS認証用オプション
  • 1025 (JDBC)
  • 5432 (キャッシュ データベース): クラスタ リングが有効になっている場合
  • 61617(TLS経由のActiveMQ)
  • 8080(HTTP): Teradata Prestoシステムのモニタリング用
  • 8081(HTTP): Teradata Hadoopシステムのモニタリング用
  • 8888 Teradata Viewpointサーバーのモニター用のオプション - tmsmonitor
  • 9443: Teradata QueryGridのモニタリング用
  • 30009(Machine Learning Engine用)
アラート
  • 25 SMTP (デフォルト)*
  • 465 SMPT over SSL (デフォルト)*
  • 162 SNMPトラップ

*アラート セットアップ ポートレットで発行設定 > Eメールを選択して、送信Teradata Alerts SMTPポートを変更します。