16.50 - ActiveMQ用にTLS専用の接続を有効にする - Teradata Viewpoint

Teradata® Viewpoint インストール、構成、およびアップグレード ガイドユーザー用

prodname
Teradata Viewpoint
vrm_release
16.20
16.50
created_date
2020年1月
category
インストール
構成
管理
featnum
B035-2207-107K-JPN
ActiveMQ接続は、TLSを介してActiveMQに接続されるエコシステムのすべてのアプリケーションに制限されます。
  1. /opt/teradata/tdactivemq/config/td-broker.xmlから次の行を削除します。
    <transportConnector name="openwire" uri="tcp://0.0.0.0:61616"/>
    <!-- The transport connectors ActiveMQ will listen to -->
            <transportConnectors>
                <transportConnector name="ssl" uri="ssl://0.0.0.0:61617"/>
            </transportConnectors>
  2. /opt/teradata/tdactivemq/config/td-activemq-static-network-broker.xmlから次の行を削除します。
    <transportConnector name="openwire" uri="tcp://0.0.0.0:61616" updateClusterClients="false" rebalancedClusterClients="false" updateClusterClientsOnRemove="False"/>
    <!-- The transport connectors ActiveMQ will listen to -->
       <transportConnectors>
            <transportConnector name="ssl" uri="ssl://0.0.0.0:61617"/>
       </transportConnectors>
  3. tdactivemqを再起動します。