17.00 - 17.05 - 例: MINIMUM関数の使用 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL関数、式、および述部

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1145-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

例: CHARACTERデータで使用されるMINIMUM

次のSELECTは、直ちに次の結果を戻します。

   SELECT MINIMUM(Name) 
   FROM Employee; 
   
   Minimum(Name)
   -------------
   Aarons A    

例: JITインベントリ

ユーザーの製造販売店が最近ベンダーを変更し、そのベンダーからの部品でProdID当たり20個を超えるものが少ないことがわかっています。他の在庫商品で、新しい出荷をスケジュールする必要があるほど量が少ないものがいくつあるかを知る必要があります。ここで、「量が少ない」とは、その部品のQUANTITY列が30未満のものと定義されます。

   SELECT ProdID, MINIMUM(QUANTITY)
   FROM Inventory
   WHERE QUANTITY BETWEEN 20 AND 30
   GROUP BY ProdID
   ORDER BY ProdID;

レポートは次のようになります。

        ProdID  Minimum(Quantity)
   -----------  -----------------
          1124                 24
          1355                 21
          3215                 25
          4391                 22

時系列の例については、<Teradata Vantage™ - 時系列テーブルと操作の概要、B035-1208>を参照してください。