17.00 - 17.05 - RESET WHEN条件のルール - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL関数、式、および述部

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1145-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

RESET WHEN句の条件は、QUALIFY句の条件と適用範囲は同じですが、ネストされた順序付き分析関数は条件によるパーティション化を指定できないという追加の制約があります。

条件は、指定されたすべてのウィンドウ パーティション内の行に適用され、そのウィンドウ パーティション内にサブ パーティションを作成します。

RESET WHEN条件に適用されるルールは、次のとおりです。

RESET WHEN条件に含めることができる項目:
RESET WHEN条件に含めることのできない項目:
  • RESET WHEN句を含む順序付き分析関数
  • SELECT文
  • LOB列
  • UDT値を返すUDFが含まれているUDT式

    ただし、UDTを含む式が事前定義データ型を持つ結果を戻す場合に限り、その式をRESET WHEN条件に含めることができます。