17.00 - 17.05 - NOT INでのNullの動作 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL関数、式、および述部

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1145-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

次のテーブルは、各種の形式の問合わせにおけるNOT INでのnullの動作をまとめたものです。

問合わせの形式 条件 結果
SELECT ... FROM T1 WHERE x NOT IN
(SELECT y FROM T2);
yの値の1つがnullの場合 問合わせ全体を通じてT1の行は返されません。
Subqueryによって行が返される場合、およびxにnullが含まれる場合 xにnullを含むT1の行は返されません。
SELECT ... FROM T1
WHERE expression_list_1 NOT IN
(SELECT expression_list_2 
FROM T2);
expression_list_2の最初のフィールドがnullの場合 どの行もT1から返されません。
expression_list_2の最初のフィールド以外のフィールドにnullがある場合 行が返されます。
Subqueryが行を返す場合、およびexpression_list_1の最初のフィールドにnullがある場合 expression_list_1の最初のフィールドにnullを含むT1の行は、返されません。
SELECT ... FROM T1WHERE expression_list_1 NOT IN
(SELECT expression_list_2 
FROM T2
WHERE search_condition);
T2に対するsearch_conditionが行を返さない場合 expression_list_1の最初のフィールドにNULLがあるものも含めて、T1のすべての行が返されます。