17.00 - 17.05 - VAR_SAMP関数の構文 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL関数、式、および述部

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1145-170K-JPN
Language
日本語 (日本)
VAR_SAMP ( [ DISTINCT | ALL ] value_expression )

構文要素

DISTINCT
value_expressionの重複を計算から除外します。
ALL
nullでないvalue_expressionのすべての値が、重複も含めて、この計算に含まれます。
value_expression
標本の分散を計算する数値リテラルまたは列式。
value_expressionは、関数によって得られたビュー列に対する参照にはできません。また、順序付き分析関数や集約関数を含めることはできません。
  • value_expressionが文字である場合、書式はFLOATのデフォルトの書式です。
  • value_expressionが数値、日付、または間隔である場合、書式はxと同じ書式です。
  • value_expressionがUDTである場合、書式はUDTの暗黙キャスト先のデータ型の書式です。

value_expressionは、関数によって得られたビュー列に対する参照にはできません。また、順序付き分析関数や集約関数を含めることはできません。

VARIANCE OF A SAMPLEは数値データに対してのみ有効です。
結果の計算にはNULLは含められません。
ゼロで割ると、エラーではなくNULLになります。