例: UNKNOWN条件の結果の表示 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL関数、式、および述部

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/tpt1555966086716.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/tpt1555966086716.ditaval
dita:id
B035-1145
Product Category
Software
Teradata Vantage

この例では、セッションの照合はASCIIです。

CASE_N (a<'b', a>='ba' and a<'dogg' and b<>'cow', c<>'boy', UNKNOWN)

次のテーブルでは、ab、およびcに特定の値を指定したときに、上記のCASE_N関数が返す結果値を示しています。xおよびyは、任意の値またはNULLを表わします。先行する条件がすべてFALSEに評価され、最後の条件がUNKNOWNの場合は、値4が返されます。すべての条件がFALSEの場合は、NULLが返されます。

a b c 結果
'a' x y 1
'boy' 'girl' y 2
'boy' NULL y 4
'boy' 'cow' 'man' 3
'boy' 'cow' 'boy' NULL
'dog' 'ball' y 2
'dogg' x NULL 4
'dogg' x 'man' 3
'egg' NULL 'boy' NULL
'egg' x 'boy' NULL
'egg' x NULL 4
'egg' x 'girl' 3