17.00 - 17.05 - 引数のタイプとルール - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL関数、式、および述部

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1145-170K-JPN
Language
日本語 (日本)
次のタイプの文字列および文字列式に対して連結演算子を使用します。
  • Byte

    引数のいずれかがバイト タイプの場合は、他の引数もすべてバイト タイプでなければなりません。

  • Numeric

    数値のための書式を使用して、数値の引数が文字列に変換されます。数値から文字データ型への暗黙的変換についての詳細は、「数値から文字への暗黙の変換」を参照してください。

  • Character

    引数がどちらも文字タイプであってもサーバー文字セットが異なる場合は、文字列の暗黙変換が行なわれます。詳細は、<Teradata Vantage™ - データ タイプおよびリテラル、B035-1143>の「文字から文字への暗黙変換」を参照してください。

  • 事前定義された文字タイプへの暗黙CASTを持つUDT。

    UDT用の暗黙CASTを定義するには、CREATE CAST文を使用し、AS ASSIGNMENT節を指定します。CREATE CASTの詳細は、<Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144>を参照してください。

    連結演算子を含め、システム演算子および関数用のUDTの暗黙の型変換は、ANSI SQL規格のTeradata拡張機能です。この拡張を無効にするには、DBS制御レコードのDisableUDTImplCastForSysFuncOpフィールドをTRUEに設定します。詳細は、<Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144>を参照してください。

    UDTの暗黙的な型変換の詳細については、<Teradata Vantage™ - データ タイプおよびリテラル、B035-1143>の「データ型の変換」を参照してください。