ANY/ALL/SOME Predicateの構文 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL関数、式、および述部

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
17.00
Published
2020年6月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/tpt1555966086716.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/tpt1555966086716.ditaval
dita:id
B035-1145
Product Category
Software
Teradata Vantage
{ expression quantifier ( literal [ {, | OR} ... ] ) |
  { expression | ( expression [,...] ) } quantifier ( subquery )
}

構文要素

expression
値を指定する式。
quantifier
{ comparison_operator [ NOT ] IN } { ALL |ANY | SOME }
literal
定数値
subquery
式または式のリストで指定されたのと同じ数の式を選択するサブクエリー。
SubqueryでSELECT AND CONSUME文を指定することはできません。
comparison_operator
式または式のリストとリスト(リテラル構文)内のリテラルまたはサブクエリー(サブクエリー構文)を比較して、TRUE、FALSE、またはUNKNOWNの結果を生成する比較演算子。
[ NOT] IN
式、リテラル(リテラル構文)のリスト内の式のリスト、またはサブクエリー(サブクエリー構文)が存在するかどうかをテストして、TRUE、FALSE、またはUNKNOWNの結果を生成する述部。