17.00 - 17.05 - 集約および行レベル セキュリティ テーブル - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL関数、式、および述部

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1145-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

行レベル セキュリティで保護されたテーブルを参照する集約関数(SUM、COUNT、MAX、MINまたはAVGなど)がリクエストに含まれている場合、その集約はリクエストを発行したユーザーがアクセスできる行にのみ基づいたものになります。この集約をテーブルに含まれるすべての行に適用するには、ユーザーには次のいずれかが必要になります。

  • テーブルのすべての行にアクセスするために必要なセキュリティ クレデンシャル。
  • テーブルのセキュリティ制約に対して必要なOVERRIDE権限。