16.20 - INSERTリクエストのSELECT AND CONSUME SUBQUERY - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

INSERT操作でSELECT AND CONSUME サブクエリーを使用すると、指定されたキュー テーブル内のQITS列の値が最低である行のデータを挿入し、キュー テーブルからその行を削除することができます。

INSERT操作のターゲット テーブルとしては、基本テーブルまたはキュー テーブルを指定できます。ターゲットがキュー テーブルの場合は、SELECT AND CONSUME subqueryと同じキュー テーブルにすることができます。

リクエストのSELECT AND CONSUME部分は、通常のSELECT AND CONSUMEリクエストのように動作します。SELECT AND CONSUMEを参照してください。

ターゲット テーブルがキュー テーブルの場合、リクエストのINSERT部分は、キュー テーブルに対するINSERTのように動作します。キュー テーブルへの挿入を参照してください。

トリガーには、特定の制限があります。INSERT文がサブクエリーにSELECT AND CONSUMEを含むような場合には、次のものとして使用することはできません。
  • トリガーを起動するイベント文。
  • トリガー起動イベントによって起動されるアクション文。