16.20 - 関数マッピングの実行 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

このシナリオでは、Attribution関数マッピングはSYSLIBのローカルTeradataシステムとalias_dbデータベースにあります。

以下の文では、u1ユーザーがデータベースを指定していないため、u1データベースのAttribution関数マッピング オブジェクトがチェックされます。Attributionオブジェクトがu1上にない場合、システムはSYSLIBをチェックします。Attributionはローカル システム上にあるため、システムはAttributionのローカル実装を呼び出します。

SELECT * from Attribution ( 
   ON appl_view_db.input_table PARTITION BY 1
   ON appl_view_db.model1_table as model1 DIMENSION
   USING
      TimestampColumn('tscol')
      EventColumn('eventcol')
      WindowSize('rows:10')
) as dt;

次に、u1ユーザーは別のデータベースを指定します。

DATABASE alias_db;

その後、u1ユーザーは、次のいずれかの文を使用して、リモート システム上の関数マッピングのAttributionを呼び出すことができます。

SELECT * FROM Attribution ( 
   ON appl_view_db.input_table PARTITION BY 1
   ON appl_view_db.model1_table AS model1 DIMENSION
   USING
      TimestampColumn('tscol')
      EventColumn('eventcol')
      WindowSize('rows:10')
) AS dt;
SELECT * FROM alias_db.Attribution ( 
   ON appl_view_db.input_table PARTITION BY 1
   ON appl_view_db.model1_table AS model1 DIMENSION
   USING
      TimestampColumn('tscol')
      EventColumn('eventcol')
      WindowSize('rows:10')
) AS dt;