16.20 - UPDATEリクエストでスカラー サブクエリーを使用するためのルール - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-162K-JPN
Language
日本語 (日本)
UPDATEリクエストでスカラー サブクエリーを使用する場合、以下のルールが適用されます。
  • SELECTリクエストと同じ方法で、UPDATEリクエストのFROMおよびWHERE句にスカラー サブクエリーを指定することができます。スカラー サブクエリーを参照してください。UPDATEリクエストのFROM句には、派生テーブル内の式としてのみスカラーsubqueryを指定できます。ただし、スカラー サブクエリーとして派生テーブルを記述することはできません
  • UPDATEリクエストのSET句に、スカラー サブクエリーを指定することができます。
  • SET句に相関スカラー サブクエリーを指定すると、そのリクエストにFROM句がなかったとしても、Teradata Databaseは更新を結合された更新として扱います。例: WHERE句の非相関サブクエリーを使ったUPDATEを参照してください。
  • トリガー本体にスカラーsubquery を伴うUPDATE文を指定できます。

    ただし、Teradata Databaseでは、行トリガー内でUPDATE文のFROM、WHEREまたはSET句に指定した非相関スカラー サブクエリーを、パラメータ化された値としてではなく、単一列の単一行スプールとして処理します。