16.20 - ラージ オブジェクトを伴うUSINGに関するクライアント アプリケーションの制限 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-162K-JPN
Language
日本語 (日本)
次のクライアント アプリケーションは、ラージ オブジェクトを伴ったUSINGを制限なしでサポートします。
  • CLIv2
  • アーカイブ/復元

次のクライアント アプリケーションは、ラージ オブジェクトを伴ったUSINGを制限付きでサポートします。

アプリケーション 制限
BTEQ インライン モードのみ
Teradata並列ステップ 次の操作に限り、据置きモードおよびロケータ モード
  • DataConnector
  • SQL Inserter
  • SQL Selector
  • 次のTeradataツールおよびユーティリティ アプリケーションでは、ラージ オブジェクトを伴うUSINGをサポートしません。
    • FastLoad
    • FastExport
    • MultiLoad
    • 埋め込みSQL
  • Teradata Databaseのストアド プロシージャはラージ オブジェクトを伴うUSINGをサポートしません。

Teradata機能と共に使用するLOBのその他の制限については、該当する資料を調べてください。