16.20 - 例: テーブル関数の指定により返される動的行結果 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

次の例では、extract_store_dataテーブル関数を使用してstore_dataテーブルに動的行結果を返します。

     SELECT *
     FROM (TABLE(extract_store_data('…', 1000) 
     RETURNS store_data) AS store_sales;

次の例では、sales_retrieveテーブル関数を使用して、出力列の最大数、および各列の名前とデータ型を指定するか、変換された行を書き込むテーブルの名前だけを指定することによって、動的行結果を返します。

     SELECT *
     FROM TABLE (sales_retrieve(9005)
     RETURNS (store    INTEGER, 
              item     INTEGER,
              quantity INTEGER)) AS s;

     SELECT *
     FROM TABLE (sales_retrieve(9005)
     RETURNS sales_table) AS s;