16.20 - ROLLUPグループ化セットオプション - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

複数の詳細レベルを持つ単一の次元にまたがってデータのセットを分析します。

構文



構文要素

ordinary_grouping_set
単一の次元にまたがるロールアップされたレポート行をグループ分けするのに使う1つまたは複数の式。
式は、BLOB、CLOB、ARRAYまたはVARRAYのタイプがある結果行をグループ化できません。
すべてのordinary grouping setsは列を明示的に参照しなければなりません。ROLLUPで列の位置を指定することはできません。
単一の列をロールアップすることは、その同じ列に対する単純なGROUP BYを実行することに相当します。
ordinary grouping setに190個より多い列を指定することはできません。
LOBデータ型の列は、前もって別のデータ型にCASTするか、または結果がLOBではない関数に渡すのでない限り参照できません。たとえば、BLOBをBYTEまたはVARBYTEにキャストしたり、CLOBをCHARACTERまたはVARCHARにキャストします。

ANSI準拠

ROLLUPは、ANSI SQL:2011に準拠しています。

SAMPLE句とROLLUP

GROUP BY句にROLLUPオプションが指定されている問合わせにSAMPLE句を指定することはできません。ただし、そのGROUP BY句のROLLUPオプションが派生テーブルまたはビューの中に出現し、SAMPLE句が外問合わせの中に出現する場合を除きます。

ROLLUPがデータを要約する方法

n個の列参照がある場合、ROLLUPは1つの次元のn個の詳細レベルでデータをグループ分けします。例えば、例: 基本のROLLUPでは、GROUP BY句は3個の列をロールアップし、3つの各レベルごとに集計してレポートします。