16.20 - 埋め込みSQLからプロシージャを呼び出すときのルール - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-162K-JPN
Language
日本語 (日本)
PP2埋め込みSQLアプリケーションからCALL文を実行する場合は、以下の追加ルールが呼び出し引数に適用されます。
  • IN引数は、値式でなければなりません。

    値式の中にコロン(:)を先頭に付けた識別子があれば、その識別子はホスト変数を参照しなければなりません。式の値は、対応するパラメータの入力値として処理されます。

  • INOUT引数は、OUT_call_variableという形式に限定された値式でなければなりません。識別子は、ホスト変数を参照しなければなりません。
  • OUT引数はOUT_call_variableでなければなりません。識別子は、ホスト変数を参照しなければなりません。