16.20 - ビューを使用する行の挿入 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

ビューから行を挿入する場合に、フィールド内の不可視データが挿入される可能性があるので、ビューからデータを挿入する権限を付与する際には注意が必要です。

ビューで行を挿入する場合に、次のルールが適用されます。
  • ユーザーおよびビューの直接所有者は、適切な権限を持っていなければならない。
  • ビューは、ただ1つのテーブルまたはビュー内の列を参照しなければならない。
  • ビュー内のどの列も、基礎となるテーブルの値を変更する式で表わされてはならない。
  • ビュー内の各列は、基礎となるテーブルまたはビュー内の列と、1対1で対応していなければならない。
  • ビューには、基礎となるテーブルまたはビューにNOT NULLと指定されている列が含まれていなければならない。
  • 2つのビュー列が基礎となるテーブルの同じ列を参照することはできない。
  • ビューを定義するリクエストにWHERE句とWITH CHECK OPTIONが含まれている場合には、そのビューを介して挿入されるすべての値が、WHERE句に指定された制約を満たしていなければなりません。

    ビューにWHERE句が含まれているものの、WITH CHECK OPTIONが含まれていない場合には、データを挿入することはできますが、挿入されたデータを、そのビューを介して見ることはできません。