16.20 - SELECT AND CONSUME文のルールと制限 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-162K-JPN
Language
日本語 (日本)
ルールと制限を以下に示します。
  • 1つの複文リクエストにはSELECT AND CONSUME文を1個しか含めることができません。
  • SELECT AND CONSUME文を含む複文リクエストに、同じキュー テーブルに対するDELETE、UPDATE、UPSERT、またはMERGE文を含めることはできません。
  • SELECT AND CONSUME文は、以下のSQL制約では指定できません。
    • 例外INSERT ... SELECT文のあるサブクエリー
    • 検索条件
    • 論理述部
    • SQL UNION、MINUSまたはEXCEPT/MINUS SET演算子を使用した演算
  • SELECT AND CONSUME文を実行依頼して遅延状態にすることができるセッションは、可能なPEセッション数全体(デフォルトではPE当たり24個)のうち20パーセントまでです。
  • 埋め込みSQLでは、プリプロセッサTRANSACTまたは-trオプションがANSIに設定されている場合、DECLARE CURSOR文の選択形式でSELECT AND CONSUME文を指定することはできません。