16.20 - 埋め込みSQLとストアド プロシージャのエラー条件の処理 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

DELETEがWHERE句付きで指定され、指定された検索条件が失敗した場合(行を選択していないため)、SQLSTATEに値「02000」が代入され、SQLCODEに+100が加算され、どの行も削除されません。

論理的に削除された行が存在するため、高速パス削除操作はロード分離テーブルで発生しない場合があります。