16.20 - QUALIFY句 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

SELECT文の条件句は、事前に計算された順序付き分析関数の結果をユーザー指定の検索条件でフィルタします。

構文



構文要素

QUALIFY
HAVINGと同様に、このキーワードの後に条件句が続くことを指定し、WHERE句からさらに行をフィルタにかけます。QUALIFYとHAVINGとの主な相違点は、QUALIFYでは、フィルタがデータ上にある多種類の順序付き分析機能の実行結果に基づいていることです。
search_condition
結果の行が満たす必要がある1つまたは複数の条件式。
順序付き分析関数とスカラー サブクエリーは、QUALIFYを使った検索条件として指定できます。
集約演算子とDEFAULT関数は、QUALIFY検索条件で使用できます。
QUALIFY条件はLOB列を参照できません。
検索条件に行レベル セキュリティ制約の値を指定すると、この値はエンコード形式で表現しなければなりません。

ANSI準拠

QUALIFY句は、ANSI規格に対するTeradata拡張機能です。

関連トピック

QUALIFY句に関する詳細は、以下を参照してください。