16.20 - 例: SELECT文の選択リストに含まれるスカラー サブクエリー - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

問合わせの選択リストに、スカラーsubqueryを列式またはパラメータ化された値として指定できます。選択リストで定義したsubqueryには、別名を割当てることができるため、問合わせのそれ以降の部分では別名でsubqueryを参照できるようになります。

次に示す例では、選択リストにスカラー サブクエリー(SELECT AVG(price)…)を別名(avgprice)で指定し、それをWHERE句の述部で参照しています(t2.price < avgprice)。

     SELECT category, title,(SELECT AVG(price)
                             FROM movie_titles AS t1
                             WHERE t1.category=t2.category) AS avgprice
     FROM movie_titles AS t2
     WHERE t2.price < avgprice;

SELECT文でスカラー サブクエリーを指定するその他の例については、次のトピックを参照してください。