16.20 - エラー ロギング オプション - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

以下は、関連付けられているエラー テーブルがあるテーブルに対して指定可能なエラー ロギング オプションです。<Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 - 構文規則および例、B035-1144>の「CREATE ERROR TABLE」を参照してください

LOGGING ERRORS
LOGGING ALL ERRORS
すべてのデータ エラー、参照インデックス エラー、USIエラーをログに記録します。
LOGGING ERRORSオプションを指定しない場合、システムはエラー処理を提供しません。エラーが発生した場合、次のセッション モードの動作が実行されます。
  • 現在のセッション モードがANSIである場合、エラーのあるリクエストはアボートし、ロールバックします。
  • 現在のセッション モードがTeradataである場合、エラーのあるトランザクションはアボートし、ロールバックします。
デッドロックなど、場合によってはエラーのあるトランザクションはロールバックします。
オプションのキーワードALLはデフォルトです。エラーをログに記録する場合は、すべてのエラーをログに記録する必要があります。
WITH NO LIMIT
このINSERT … SELECTロード操作のターゲット データ テーブルに関連付けられているエラー テーブルに記録できるエラー数を制限しません。
システム定義のエラー制限値である16,000,000個のエラーが記録されるまでエラーが記録されます。
WITH LIMIT OF error_limit
このINSERT … SELECTロード操作のターゲット データ テーブルに関連付けられているエラー テーブルに記録できるエラーの制限値がerror_limitになります。
error_limitに指定できる値の範囲は、1~16,000,000です。LIMITオプションの値を指定しない場合、エラー制限値のデフォルト値は10です。