16.20 - CHECKPOINTオプションの使用 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

時間を要するインデックス分析を行なう場合、または分析する必要のあるSQLリクエストがワークロードに多数含まれている場合は、常にCHECKPOINTオプションを使用してチェックポイントを指定する必要があります。

チェックポイント トリガー値は、チェックポイントをAnalysisLogテーブルにロギングする頻度を表わします。リクエストがn回(nはチェックポイント トリガー値)実行されるたびにチェックポイントが取られ、暫定的なインデックス分析情報がロギングされます。

INITIATE INDEX ANALYSISリクエストには、CHECKPOINTオプションとTIME LIMITオプションの両方を指定できます。

チェックポイントが指定されたインデックス分析を再始動する方法の詳細については、RESTART INDEX ANALYSISを参照してください。