16.20 - WITH DELETED ROWS - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

ロードが分離された単一のテーブルの問合わせ処理で削除された行を含みます。

必要な権限

SELECT権限に加え、DROP TABLE権限がないとロードが分離されたテーブルでこの特殊な読み取り操作を実行することはできません。

テーブルがRLS(行レベル セキュリティ)制約に関連付けられている場合、適切なRLSが必要です。RLSチェックは、論理的に削除された行を含めてすべての行に適用されます。

ANSI準拠

WITH DELETED ROWS句は、ANSI SQL:2011規格に対するTeradata拡張機能です。

ロッキング修飾子とWITH DELETED ROWSオプション

指定されたロッキング修飾子は、WITH DELETED ROWSオプションを指定すると無視されます。

結合インデックスとWITH DELETED ROWSオプション

WITH DELETED ROWSオプションを指定した場合、SELECT文に結合インデックスを含めることはできません。

例: テーブルの総行数を取得する

    SELECT WITH DELETED ROWS COUNT(*) FROM  ldi_table;

例: 論理的に削除された行数を取得する

TD_ROWLOADID式の詳細については、ロード分離テーブルへの挿入を参照してください。

    SELECT WITH DELETED ROWS COUNT(*) FROM ldi_table
    WHERE TD_ROWLOADID > '100000000'xi8;

例: ロード操作から論理的に削除された総行数を取得する

TD_ROWLOADID式の詳細については、ロード分離テーブルへの挿入を参照してください。

    SELECT WITH DELETED ROWS COUNT(*) FROM  ldi_table 
    WHERE (TD_ROWLOADID/'100000000'xi8)(int) =  load_id_value;