16.20 - DROP STATISTICS (QCD形式) - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

指定されたテーブルのサンプル統計を、指定されたQCD_name内のTableStatisticsテーブルから削除します。

詳細については、以下の関連した文を参照してください。
  • COLLECT STATISTICS(QCD形式)
  • <Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 - 詳細トピック、B035-1184>の「HELP STATISTICS(QCD形式)」

必要な権限

DROP STATISTICS (QCD形式)を実行するには、以下の権限が必要です。
  • table_nameまたはこれが含まれているデータベースに対するINDEXまたはDROP TABLE。
  • TableStatisticsテーブルまたはこれを含んでいるQCDデータベースに対するDELETE権限。

構文



構文要素

FROM QCD_name
指定されたテーブルの列およびインデックスに関する統計をTableStatisticsテーブルから削除する対象となるQCDデータベースの名前を指定します。
database_name | user_name
table_nameが含まれているデータベースまたはユーザーの名前を指定します(現行データベースまたはユーザー以外の場合)。
table_name
サンプル列およびインデックス統計を削除するテーブルの名前を指定します。
COLUMN column_name
サンプル統計を削除するインデックスの付けられていない列のセットを指定します。
UDT列に関する統計を削除することはできません。
COLUMN PARTITION
テーブルのシステム派生のPARTITION列に関する統計を削除します。
DROP STATISTICSリクエストでテーブルのPARTITION#Ln列を参照することはできません。
PARTITION列の詳細については、テーブルのPARTITION列のQCD統計の収集を参照してください。
INDEX index_name
サンプル統計を削除するインデックスの名前を指定します。
INDEX column_name
サンプル統計データを削除する列セットを指定します。

ANSI準拠

DROP STATISTICS (QCD形式)は、ANSI SQL:2011規格のTeradata拡張機能です。

呼び出し

通常は、クライアント ベースのデータベース問合わせ分析ツールを使用して呼び出されます。

DROP STATISTICS (QCD形式)とDROP STATISTICS (最適化ルーチン形式)の違い

DROP STATISTICS文(最適化ルーチン形式)とは異なり、DROP STATISTICS (QCD形式)は、最適化ルーチンが使用できるようにデータ ディクショナリに保持されている統計を削除しません。DROP STATISTICS (QCD形式)は、指定されたQCDデータベースのTableStatisticsテーブルから統計を削除します。

DROP STATISTICS (QCD形式)およびINSERT EXPLAIN WITH STATISTICS

DROP STATISTICS (QCD形式)は、INSERT EXPLAIN WITH STATISTICSリクエストを使用してキャプチャされた統計をQCDから削除しません。これらの統計は、対応する問合わせ計画がQCDから削除されると自動的に削除されます。

DROP STATISTICS (QCD形式)およびトランザクション処理

DROP STATISTICS (QCD形式)リクエストは、トランザクション マネージャによってDDL文として扱われることはないので、トランザクション内の任意の位置に配置できます。

UDTに関する統計の削除

UDT列に関する統計を削除することはできません。

例: すべての列の統計を削除

以下の例は、ordersテーブルのすべての列およびインデックスに関する統計を、TableStatisticsという名前のQCDデータベースのMyQCDテーブルから削除します。

     DROP STATISTICS FROM MyQCD
     ON orders;

例: 単一列の統計を削除

以下の例は、orderDateNUPIという名前の単一列NUSIの統計を、MyQCDという名前のQCDデータベースのTableStatisticsテーブルから削除します。

     DROP STATISTICS FROM MyQCD
     ON orders INDEX orderDateNUPI; 

例: パーティション統計の削除

次のDROP STATISTICSリクエストは、table_1という名前のQCD内のTableStatisticsテーブルからQCD_11という名前のPPIテーブルのPARTITION列に関する統計だけを削除します。

     DROP STATISTICS FROM QCD_11 ON table_1
     COLUMN PARTITION;

次のDROP STATISTICSリクエストは、column_1という列とtable_2というテーブルのシステム派生PARTITION列の統計をQCD_12というQCDにあるTableStatisticsテーブルから削除します。

     DROP STATISTICS FROM QCD_12 ON table_2
     COLUMN (column_1, PARTITION);

次のテーブル レベルDROP STATISTICSリクエストは、table_3というテーブルのすべての統計(システム派生PARTITION列の統計を含む)をQCD_13というQCDにあるTableStatisticsテーブルから削除します。

     DROP STATISTICS FROM QCD_13 ON table_3;