16.20 - 例: スカラー サブクエリーを使用したINSERT - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

スカラー サブクエリーは、パラメータ化された値として、単純なINSERTリクエストの値リストに指定することができます。ただし、Teradata Databaseでは、そのスカラー サブクエリーを常に非相関スカラー サブクエリーとして解釈します。

例えば、Teradata Databaseでは、次に示すINSERTリクエストの選択リストに含まれるスカラー サブクエリーSELECT d2 FROM t2 WHERE a2=t1.a1を、SELECT d2 FROM t2, t1 WHERE a2=t1.a1であるかのように処理します。

つまり、Teradata Databaseは、スカラー サブクエリーにあるt1を、挿入操作のターゲット テーブルt1としてではなく、t1の固有のインスタンスとして解釈するということです。

     INSERT INTO t1 VALUES (1,2,3 (SELECT d2
                                   FROM t2
                                   WHERE a2=t1.a1));