16.20 - 例: 期間値のコンストラクタを使用したINSERT - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

次の例では、テーブルt1およびt2を使用します。これらは以下のように定義されます。

     CREATE TABLE t1 (
       c1 INTEGER
       c2 PERIOD(DATE))
     UNIQUE PRIMARY INDEX (c1);
     CREATE TABLE t2 (
       a INTEGER
       b DATE
       c DATE)
     UNIQUE PRIMARY INDEX (a);

次の2つのINSERTリクエストは、どちらも期間値のコンストラクタを使用します。

     INSERT INTO t1
     VALUES (1, PERIOD(DATE '2005-02-03', DATE '2006-02-04'));
     INSERT INTO t1
       SELECT a, PERIOD(b, c)
       FROM t2;