16.20 - 高速パス位置決定要件 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-162K-JPN
Language
日本語 (日本)
高速パス削除処理を有効にするには、制約のない削除を実行するために使用する文は適切に配置しなければなりません。適切な配置は、以下により決まります。
  • トランザクション内の文の位置。
  • トランザクションのアクティブ セッション モード。
  • トランザクションのタイプ(ANSI、暗黙、明示)。