16.20 - 例: 同じプロシージャ呼び出しにおけるRETURNS句とRETURNS STYLE句の使用 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

この例は、以下の部分的なプロシージャ定義を使用してCALLリクエストでRETURNSとRETURNS STYLEの両方の句を指定します。

     CREATE PROCEDURE XSP_1(
       IN A INT,
       OUT B TD_ANYTYPE,
       OUT C INT,
       OUT D TD_ANYTYPE, 
       OUT E INT,
       OUT F TD_ANYTYPE)
       …;

RETURNSとRETURNS STYLE OUTのパラメータ戻り型を組み合わせ、以下のパラメータ仕様を使用してxsp_1を呼び出します。

CALL myXSP1(10, RESULT_B RETURNS INTEGER, RESULT_C,
            RESULT_D RETURNS STYLE t1.int_col, 
            RESULT_E, RESULT_F RETURNS INTEGER);