16.20 - 例: SELECTおよび関数マッピングの定義 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

関数マッピングを持つSELECT文では、指定する各correlation_name、USINGカスタム句パラメータ、またはOUT TABLE Nameは、関数マッピング定義のcorrelation_name、USINGカスタム句パラメータ、またはOUT TABLE Nameに対応していなければなりません。関数マッピングの作成方法については、<Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 - 構文規則および例、B035-1144>の「CREATE FUNCTION MAPPING」を参照してください。

以下は、サーバーcoprocessor上のcoxph関数の関数マッピング定義coxphです。

CREATE FUNCTION MAPPING appl_view_db.coxph
FOR coxph SERVER coprocessor 
MAP JSON ( '{ "function_version": "1.0" }') 
   	USING
     	   InputTable IN TABLE,
         CoefficientTable OUT TABLE,
         LinearPredictorTable OUT TABLE,
         TimeIntervalColumn, EventColumn, Threshold, MaxInterNum,
	   FeatureColumns;

次のSELECT文では、各correlation_name、USINGカスタム句パラメータ、またはOUT TABLE Nameは、関数マッピング定義のcorrelation_name、USINGカスタム句パラメータ、またはOUT TABLE Nameに対応します。

SELECT * FROM appl_view_db.coxph (
        ON appl_view_db.input_table AS inputtable PARTITION BY 1
        OUTPUT TABLE CoefficientTable(coefficient_table)
        OUTPUT TABLE LinearPredictorTable(linearpredictor_table)
        USING
          FeatureColumns('c1','c2')
          TimeIntervalColumn('t1')
          EventColumn('e1')
) AS dt;